講談社リトルの評判&口コミを徹底検証!

英語教室で子供から人気がある講談社リトルの評判&口コミ評価を分析しているページになります。大手グループが運営されているだけに習い事を検討されているママさん、パパさんにとっては比較対象として欠かせない存在になっているのではないでしょうか?

 

主に年齢対象としては0歳からスタートすることでき、小学生(12歳)までになります。講談社リトルを大きく分けると幼児コースと小学生コースに分かれている点については覚えておきたいところではありますね。今後、知名度を考えると2ch(2ちゃんねる)噂や体験談などで話題になる可能性が高いサービスではありますが、本質を見失うことなく冷静に英語教室選びに役立ててもらいたいな~という趣旨で記事を公開させて頂いています。まずは基本的な事項から選ばれるポイントまで順を追って説明していきたいと思います。

 

講談社グループが運営する英語幼児教室

 

年齢に応じて適切な学習をすることができるので、いくつかにクラスが分かれています。ココでは簡単にまとめていますので、ご覧くださいませ。

 

ウィズマミーコース(Baby White class)

 

対象:0歳~2歳

 

定員:4〜5組

 

時間:30分

 

親子で一緒に楽しむのが主旨になっています。体の全身を利用してリズムに乗り英語に親しむことができるので、面白いと感じる方も少なくはないのではないでしょうか?

 

0歳、1歳、2歳と言えば言葉を覚える適齢期になりますので、これを機に日本語だけではなく、英語の取得も考えてみてはいかがでしょうか?

 

ウィズマミーコース(White class)

 

対象:1歳~2歳

 

定員:4〜5組

 

時間:40分

 

日常生活の周りのものを題材にしているので、理解が進みやすい。ダンスなど遊びながらイントネーションやリスニングを身に着けることができる。また、質の高いGuidance CD、Activity book、Penmanshipなどの存在も選ばれる理由の1つになっていると推測している。

 

ウィズマミーコース(Pink class)

 

対象:2歳~3歳

 

定員:4〜5組

 

時間:40分

 

王道と言われている海、公園などを題材に英語スキルの向上を目指しているコースです。単語の組み合わせといった文法のルールを身に着けることができるのは大きな要素でしょう。

 

ウィズフレンズコース(Green class)

 

対象:3歳~4歳

 

定員:5〜6組

 

時間:50分

 

このクラスになるとセッション時間についても長くなってくる。基礎的な英会話を取得する時期でジェスチャーなどを利用してアプローチ上手になることができる。

 

ウィズフレンズコース(Yellow class)

 

対象:4歳~5歳

 

定員:5〜6組

 

時間:50分

 

料金・費用に関する詳しい内容については公式サイトをチェックしてくださいませ。幼稚園にも慣れてくる時期で親からすると他人の子供と比較してしまう段階になります。アクティビティを通じで勉強することができる講談社リトルの口コミ、評判はより一層気になりますね。

 

ウィズフレンズコース(Orange class)

 

対象:5歳~6歳

 

定員:5〜6名

 

時間:50分

 

小学校準備対策の英語幼児教室としても注目を集めている。論理的思考、観察力、言語処理能力を伸ばす時期としては最適であると言われている年齢層になります。

 

その他小学生コースのご紹介

 

  • Blue/Blue+ class
  • Purple/Purple+ class
  • Red/Red+ class
  • 英検対策クラス