進研ゼミ、中学講座の評判&口コミ評価

基礎力UP、定期テスト対策、成績向上のほかに高校入試対策として進研ゼミ中学講座を検討している方はご覧下さいね!中学生になると学習塾や進学予備校など通い始める生徒が増えてきますが、自宅学習でも勉強方法によっては、塾など利用しなくとも志望の高校へ進学することも可能です。

 

実際に、通信教育で難関校、志望校に合格している人もいます。そして、進研ゼミの中学講座はどうなのか?高校受験に適しているのか?気になる保護者の方は多いのではないでしょうか。そこで、既にこどもちゃれんじ、小学講座でお世話になり馴染みのあるお子さんはもちろん、初めての方も必見となっていますよ!

 

ここでは進研ゼミ中学講座の特徴や魅力を口コミ体験談、評判を交え紹介!中学1年、2年、3年生のお子さんを持つ親御さんは、学習塾や他社の通信教育比較として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで掲載している情報は、今後変更になる可能性もありますので、公式サイトや資料請求して確認して下さいね!

 

進研ゼミ≪中学講座≫特徴・魅力を検証

 

第一・第二志望校合格率97.8%
※2018年7月時点で、進研ゼミ『中学講座』合格報告アンケート

 

  • 月々の受講料5,871円(8%税込)~
  • 10〜15分単位短時間で取り組める設計
  • 実技教科まで対応した9教科すべての対策が可能
  • 日々の学習から受験対策までカバー
  • 学習状況、レベル、目的に合ったコースが選べる

 

進研ゼミ中学講座は、塾や予備校、通信教育の学習法において中学生利用者数NO.1!また、中学生が利用するタブレット学習法NO.1!に選ばれています。そして、紙で取り組むオリジナルスタイルと専用タブレット中心に取り組むハイブリッドスタイルのどちらも同じ価格で、ニーズに合った学習スタイルで成績を伸ばすことができます。

 

また、各学年では自分にあったコースを選ぶことができますので、無理なくそれでいてテストで上位成績を狙うことができます。そして、中学1年、2年生は部活動と両立しながら学習を進めることができ、中学3年になると定期テスト対策の高得点で、入試本番対策と内申点アップの両立が可能です。

 

学習スタイル特徴

 

オリジナルスタイル

 

  • 自分で学習プランを立てて、自分のペースで勉強を進めていけます。
  • 中学生のつまずきどころに先回りしたテキストで、しっかり理解。
  • テストは紙だから、自分の手を実際に動かして演習することで理解度を確認。

 

ハイブリッドスタイル

 

  • タブレットと紙のテキストを併用して学習
  • 学校の授業進度や自分で選んだレベルに応じて一人ひとりに合ったプランを提案。
  • タブレットによる学習で、より学力が伸ばせる個人レッスン機能を搭載。
  • テスト対策などは紙のテキストで演習して、「書いて解く力」もしっかり身につく。
  • 理解度や正誤パターンに合わせて問題や解説を提示。

 

どっちにするか迷われている方へ

 

4月号開始のタイミングでは、ハイブリッド、オリジナルの選択率は約50%になっています。それぞれの特徴をみてお子さんにあったスタイルを選びたいところですが、迷っているならWeb上の「オススメ学習スタイル/コース診断」を試してみると良いでしょう。スタイルは変更できますので、万が一、合わない場合も安心です。

 

進研ゼミ(中1、2年生)

 

中学1年生は一人ひとりに合わせたテスト・授業・ニガテ対策で、実技を含めた9教科で高得点を狙うことができます。そして、中学2年生になると定期テスト対策で9教科高得点を目指せることはもちろん、1月号からは、高校受験に向けた対策も万全です。また、コースは1年生、2年生どちらもスタンダード、ハイレベルのどちらか選ぶことができます。

 

スタンダードコース

 

定期テストでの好成績を目指し、入試に直結する内申点の積み上げを重視するコースです。授業の予習・復習を効率的にフォローしていきます。
【出題割合】 基本7 応用2 難問1 

 

ハイレベルコース

 

定期テスト対策に加え、トップ高の合格に向け、応用力を強化できるコースです。授業で習った内容を応用・難問レベルまで解ける力に引き上げます。中学2年生は、長期休みを中心に中二の範囲から解ける入試問題にも取り組み、入試の土台となる力を養います。
【出題割合】 基本3 応用5 難問2

 

どちらか悩んでいる方へ

 

コースはいつでも変更が可能ですので、まずは「スタンダードコース」に取り組み、もっと手ごたえのある問題に挑戦したいと思われたら、「ハイレベルコース」に変更すると良いでしょう。間に合う月号から、新しいコースで教材が届くようになっています。

 

定期テスト厳選予想問題から似た問題がいっぱい出た!おかげで社会で97点とれました。(1年生)

2年生の定期テストで自己最高点をマーク!暗記BOOKは、ゴロ合わせで楽しく簡単に覚えられるのでとても役に立ちました(2年生)

iPadを使った学習は初めてでしたが、タブレットの学習は楽しんで勉強できました。特にスキマ時間にさくっと使えるのがハイブリッドのいいところだと思います。(1年生)

どんどん難しくなっていく勉強もハイブリッドスタイルならよくわかるし、楽しい!前の学年のつながりのある苦手単元にさかのぼる解説もあるので、つまずきなくスムーズに取り組めていいです。(1年生)

 

進研ゼミ(中3年生)

 

塾に行かず「進研ゼミ」だけで合格した会員の志望校合格率98.6%

 

  • 受験総合コース(基礎8・応用2)
  • 難関挑戦コース(基礎5・応用3・難問2)
  • 最難関挑戦コース(基礎3・応用4・難問3)
  • 最新入試過去問徹底解説で解き方テクニックが身につく
  • 記述対策(英・数・国)は赤ペン先生の個別指導で効果的な対策
  • 合格から逆算した教材を毎月1冊届く
  • デジタル教材(ハイブリッドスタイル)なら中1、中2の範囲もさかのぼって学習

 

進研ゼミ中学講座≪3年生≫は、都道府県別の受験対策が可能で、過去問演習と記述対策で、入試本番を見すえた応用力も養成。一人ひとりにあわせた専用合格プランで、志望高校合格にむけた内申点と本番得点力をアップが可能です。

 

そして、中学3年コースは24時間いつでもWeb上で教科アドバイザーに質問することができるので、疑問点を解消して学習をスムーズに進めることができます。さらに保護者向けの進路個別相談ダイヤルでは、お子さんの進路について相談・解決することができますので、初めて受験を迎える親御さんも安心です。

 

そこで、中学3年進研ゼミは、受験総合、難関挑戦、最難関挑戦の3つのコースがありますので、自身の学力や目標とする志望校に合わせて選ぶことができ、無理なく合格力を身につけることができます。

 

ゼミの解答解説は、答えだけでなく詳しい解説まで記載されているので、自分では勉強しにくい読解問題もポイントをつかんで得点力アップすることができました。

5教科の大事なところがまとまっている「入試によく出る基礎」を本番10分前まで見直しに使っていたのですが、何と見直ししたところが入試に出たんです。進研ゼミの教材には、よく出る問題が詰まっていました。

宿題に追われたり、通うのに時間がかかる塾に行くよりも効率的だと思い、ゼミで受験することに決めましたが、正解でした。

進研ゼミの教材は自分に必要なところを選んで取り組めるところがいいと思います。そして進研ゼミは<定期テスト暗記BOOK>や<入試によく出る基礎>などの暗記教材が充実していて、スキマ時間も上手く活用できるのがよかったです。

 

進研ゼミ中学講座口コミまとめ

 

受講生の口コミ体験談、感想を見ると、進研ゼミ中学講座評判は、教材設計、学習内容、学習スタイル、サポート体制について高く評価されており、満足している中学生がほとんどです。成績アップにつながったと実感している人は多く、ゼミだけで志望校合格を達成している学生は少なくありません。

 

そこで、家庭学習向けの中学講座をお探しなら、進研ゼミはおすすめの通信教育で、効率的に成績を上げることができ、高校入試対策としても十分に活用できると見解できます。

 

 

公式サイト

 

進研ゼミ中学講座