いつから?赤ちゃん(幼児)の習い事ランキング

出費をケチりたくない部分の1つとして多くの母親が掲げるのが幼児教育に使うマネーになります。今回は筆者が是非強くおすすめしたい赤ちゃん(幼児)習い事ランキングの最新版を発表していきたいと思います。同世代の近所の子たちとスタートダッシュで差を付けたい、さらにはトレンド・人気があるのは何か?知りたい方のために格付け順位をドーンと掲載していますので、楽しく閲覧することができるのではないか?と思います。それぞれの幼児向け習い事で人気のあるサービスを評価分析レポートしているので、そちらもチェックして頂けると嬉しく思います。ちなみに知育系だけではなく、スポーツ、芸術、文化など様々なジャンルを対象に赤ちゃん習い事おすすめランキングの最新版を作成しているので、そちらも留意してくださいね。それでは参りたいと思います!

 

まずは・・・いつから幼児は習い事をスタートするべきか?

 

早い方であれば出産したばかりの赤ちゃん(0歳)から幼児教育をスタートさせる方もいますし、人生で一度も習い事の経験が無いという方も案外いるのではないでしょうか?しかし、小学生で習い事をしている方の割合は実に85%以上と言われていますので、「生涯で一度でも」というニュアンスであれば90~99パーセントレベルになるのではないか?と考えることができます。つまり言えることはほとんどの方が1度くらいは経験しますので、それをどれにするか?で将来の長い航路に影響を与える可能性があるということです。習い事はいくつから?という質問からまずは回答していきたいと思います。

 

まあ、ザックリ言えば0歳、1歳とできることは早い時期からの方がいいのかな~とは思いますね。

 

続いて気になるのは複数掛け持ちする場合にいくつまでなら頑張ることができるのか?という点です。

 

それは子供によって集中力や楽しさを感じている度合が異なりますので、明確には言えますが、友達と自由遊ぶ時間はある程度作ってあげたいところではあります。よく天才を育てた親の教育の成功例で1週間の内毎日、5回以上などハードスケジュールでこなしていた伝説が披露されることが多いのですが、それはパターンによりけりだと認識しています。スパルタ教育で習い事を押し付けるのが必ずしも良いことではなく、逆に悪影響すら与える可能性も十分にあり得るのです。

 

いよいよ!幼児の習い事人気ランキング【最新版】

 

特に1万名からアンケート調査を実施した訳ではなく、ネットの口コミや評判から個人的におすすめしたいものを厳選して上から紹介していますので、ランキング順位が必ずしも正しい速報格付けになっている保証はありませんので、ご了承くださいませ。

 

学習塾・幼児教室

 

0歳から教育の基盤を作ることができると人気の知育教室が続出登場しています。算数、文字書き・読みなど勉強だけではなく、図形を使った知能向上にも力を入れているところも多いのが特徴的ですね。右脳開発、IQレベルなどが気になる方は必見であると言えるでしょう。昔に比べると幼い頃から習い事を進める風潮が増えていて、0歳、1歳、2歳、3才、4歳、5歳、6歳までの過ごし方は非常に重要視されている傾向があります。また、幼児教室の中には単純に知能的な点だけではなく、人とのコミュニケーションや運動を大切する方針を持っているところもあります。

 

何となくお受験対策で利用されているイメージがあるのですが、普通の公立の小学校へ入学する予定の方でも入会されている方は続出しています。

 

英語・英会話教室

 

日本の人口は1億人弱ですが、世界の総人口で考えると60~70億人以上と言われています。そのうち3割程度が英語が公用語として利用されていると言われていますので、それだけでビジネスマーケットが広がりますね。実際に就職活動で語学力やコミュニケーション英語能力を測る世界共通のテストと言われているTOEICのスコアは重要視されている傾向が年々強まっています。特に中小企業より大企業での需要に影響が出る可能性が高いので、身につけないとマイナスになると予想することができます。実際に楽天などでは社内の公用語に英語を採用している。幼い頃から教育の一貫として取り入れる価値は十分にあると思います。

 

ロボット教室

 

おそらくまだまだ普及はそれほどされていないので、もしかすると周りに通っているお子さんはいないという方の方が多いのかもしれないですね。しかし、自分で考えて開発するという作業は子供の頃の経験として非常に大切なことです。体験談などを見ていると飽きっぽい性格だったが、ロボット教室では集中して楽しんでいるなどの意見もありますので、楽しみながら体験をするという意味では1つの参考にするべきかもしれないですね。

 

水泳・スイミングスクール

 

運動分野ではやはり全身の筋肉を利用する水泳がランクイン!プロ野球選手やラグビー、サッカー選手などでも幼い頃に習っていた経験を持っているアスリートは多いですね。また、勉強だけではなく、スポーツを通じて得る成長は確かにあると思います。

 

ピアノ・音楽教室

 

特に富裕層の家庭に育った方に非常に人気がありますね。やはり音楽は教養の1つになりますので、それを趣味にすることで交友が広がりを見せます。才能があれば世界的に活躍することができることも!?


いつから?赤ちゃんの習い事ランキング記事一覧

少子高齢化社会が進む日本は出生率の低下による経済低迷を懸念する声は大きい。少しでも子育てをする環境や支援として実施されているのが児童手当になります。今回はインターネットの口コミからママさんの意見を取り入れたり、実際に使い道について聞いてみた感想を踏まえてまとめています。今後も児童手当の使い道は徹底調査する上に分析していきたいと考えているところではありますね。児童手当って何?受給条件は?そもそも何だ...

子供の高校・大学などの進学を将来的に考えると不安要素になるのがお金の話になります。貯金はしなければいけないと早い段階で準備を進める親御さんは多いのですが、今一毎月いくらが預金をする目安になっているのか?分からない方って結構いると思います。ママ友同士でもグループによってはマネーのお話はご法度になっているケースもありますので、気軽に他人の家計事情に踏み込めないと悩まされている主婦・サラリーマンもゴロゴ...

近年日本では国や政府、保護者は子どもに小・中学校の9年間において教育を受ける権利、受けさせる義務として義務教育が存在していますが就学前の子の教育は自由となっています。今正に子育て中のママさんでは幼稚園か保育園のどちらに入れるべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この2つは制度や目的は違うものとなっていますがいずれも小学校前に通うところでもあります。そこでここでは幼稚園と保育園の違いを比較す...

これから赤ちゃんが生まれる家庭や子育て中のママさんやパパさんには1つのことわざの意味を十分理解して子どもに愛情をもって接してもらいたいものです。三つ子の魂百までということわざの本当の意味とは簡単に言ってしまえ「幼い頃の性格は、年をとっても変わらない」ということになります。そのため幼児教育や早期教育を意味していることではなく幼い頃の人格形成は大切なものとし、家庭での親御さんやおばあちゃんであったりと...

働くママにとって子どもの急な熱37.5度以上となると、慌ててしまうこともあることでしょう。この壁を超えることで保育園では預けることができなくなるところがほとんどとなってしまうため、仕事を休まなければいけなくなります。そのため共働きとなっている家庭では一つの不安要素でもあるようです。幼児は免疫力が弱いため園内や近所の友達がカゼを引くとすぐに持ち帰ってしまうので、1ヵ月に1回など珍しくもないようです。...

幼児教室とは?どんなことするの?受験のため?子育てをしている親御さんのなかには興味を持たれる人も多いことでしょう。近年では早期教育の重要性などママ友やネットでの口コミ評判、2ch体験談などでも情報は溢れていますので、自分の子が取り残されないか不安になる人もいるようです。我が子にもそろそろと考えるお母さんもいるようですが、なかにはなんだか昔で言う教育ママと思われるのがイヤだという方もいるようです。し...

2013年4月に実施した全国学力調査の結果と保護者へのアンケート調査を照らし合わせた結果では、親の年収や学歴が高い家庭の子どもほど学校の成績が良いという調査結果が文部科学省から公表されました。予想はされていたものその結果は衝撃でもあり、現在では社会問題とされていることとなっています。近年では日本の子どもの貧困問題は重視されており、6人に1人ということも言われており、そこでも教育の差が生まれることが...