ママさんに聞いてみた!児童手当の使い道を徹底調査

少子高齢化社会が進む日本は出生率の低下による経済低迷を懸念する声は大きい。少しでも子育てをする環境や支援として実施されているのが児童手当になります。今回はインターネットの口コミからママさんの意見を取り入れたり、実際に使い道について聞いてみた感想を踏まえてまとめています。今後も児童手当の使い道は徹底調査する上に分析していきたいと考えているところではありますね。

 

 

児童手当って何?受給条件は?

 

そもそも何だそれ!という方や妊娠中の女性で本当に貰えるのか?さらにはどのくらいの受給金額になるのかなど条件を踏まえて今いち分からない方って結構多いと思いますので、まずはママさんのために基礎知識講座的に簡単に説明していきたいと思います。

 

子供を産まない理由の1つとして挙げられる項目が養育費の捻出をすることができないと言われています。第二次世界対戦前後に育った方の中には5人兄弟とか7人兄弟など大家族は当たり前でした。実際に私の祖父も長男ですが確か10人未満でしたが、複数の弟がいたと思います。しかし、最近では2人くらいだったら珍しくはないのですが、3人となると多いねみたいな。4人・5人くらいの姉妹・兄弟がいるとそれはもう大家族扱いになると思います。昔は何とか子育てをすることができたみたいですが、現在においては収入と照らし合わせたり、生活環境を考えると結構子供のために使いマネーを確保するのが難しい状況にあるみたいです。

 

小学校、中学校など義務教育まではそれなりに大丈夫でも高校、大学の進学すると次第に家計が厳しくなる体験談や口コミを実際に聞いたことがある方って結構多いと思います。実際に中には支払をすることが難しく、自分でアルバイトをして学費を稼いだという方や継続して学校に通うのを断念して退学したというケースもあるでしょう。それだけ大きな悩みの種になる部分ではあるのかな~と思います。

 

それを少しでも負担を減らすために嬉しい制度として児童手当が存在する訳です。簡単に言えば子供の教育のためにお金に困っているならコレを使ってくださいね~みたいな給付金と考えていいと思います。

 

基本的に対象者は0歳~中学校終了までとなっている。日本国内に住民票があることや所得(年収)によって影響があるなど様々なルールがあります。詳しい内容は厚生労働省の公式サイトなどを参照にすると分かりやすいと思います。

 

ちなみに子ども手当については一時期大きな話題になりましたが、2010年(平成22年)4月1日から開始されましたが、2013年(平成25年)4月1日から再び児童手当に名称変更された過去の経歴を持ちます。

 

児童手当の活用分類ランキング※リサーチ

 

厚生労働省の「平成24年児童手当の使途等に係る調査」によると大部分は下記に内訳になることが分かります。

  • 教育費
  • こどもの貯蓄・保険料
  • 家庭の日常生活費
  • 子供の生活費

特に使い道としての大きなパーセンテージを占めているのは教育関連になります。学習塾や赤ちゃんであれば幼児教室などがメインになるのではないでしょうか?いずれにしても6割~7割程度の家庭で本来の目的である子育てのために活用しているみたいです。中には大人の交際費など無駄使いをされているケースもあるのですが、ある程度は意味のある利用方法を取っていることでちょっと安心感はありますね。
確かに児童手当を勉強・スポーツ関連で必要になる費用として放出してもそれほど気にならないかもしれないですね。