幼児教室の授業内容例を分かりやすくまとめました!

幼児教室とは?どんなことするの?受験のため?子育てをしている親御さんのなかには興味を持たれる人も多いことでしょう。近年では早期教育の重要性などママ友やネットでの口コミ評判、2ch体験談などでも情報は溢れていますので、自分の子が取り残されないか不安になる人もいるようです。

 

我が子にもそろそろと考えるお母さんもいるようですが、なかにはなんだか昔で言う教育ママと思われるのがイヤだという方もいるようです。しかしながら学習能力だけではなく「心身ともに健康な人間」に育てるためを理念としているところが多くあるようです。それには独自の教材を使ったり年齢、成長に合わせたカリキュラムを用意し子どもの世界を大切にしながら育んでいく教育の場でもあるようです。ここでは幼児教室の授業内容を例にまとめ紹介したいと思います。

 

 

毎月の学習テーマに沿った教材

 

五感を通して知性が育つ幼児期に手を動かし視覚、聴覚を鍛える教材を重要視し、素材や彩色などにもこだわったり情操への作用まで考え抜かれたオリジナルなものを使います。毎月違うものが用意されますので子どもも飽きずに新しい発見をすることもできるようです。そして子どもたちの興味を引き出し積極的に取り組みながら力をつけられるものとなっています。

 

年齢コースで発達に合わせてスッテプアップ

 

対象年齢0~1歳/週1回60分

 

まだ赤ちゃんでもありますが、この時期の脳の細胞はものすごい勢いで増殖しており活発化しています。知性や感性といった土台をつくる時期でもあるようです。見る、聞く、触る、嗅ぐ、味わうの5感を基本的な体験を通して様々な能力の芽を伸ばし自我を形成していくようです。

 

この時期ではママと一緒にレッスンするところも多くみられ、スキンシップをとり音楽や体操など取り入れ愛情たっぷりの言葉をかけ母子の一体感を育みます。そして次には右脳を活性化させるために効果的なテンポの良いレッスンとなりフラッシュカードをを始めとした高速での大量のインプットによって促します。遊びながら知能を育てる指先を使ったトレーニングでは感覚機能に積極的に働き掛けることで言葉と知能の発達に重要とし教材を使って刺激していきます。

 

対象年齢1~2歳/週1回60分

 

自分でやる、いやいやなど自己主張を繰り返す自我が芽生える時期となります。そして話す力も個人差がでてくる年齢でもあり、周りの大人がたくさん話しかけ言葉の数を増やしてあげることも大切でもあります。この1年間では徐々にお母さんからも離れて動いたり、お友達と一緒に目的を理解した集団行動ができるようになり社会性や集中力を学んでいきます。

 

体験で体得していくプレイワークと机の前で学ぶデスクワークの2つの方法で身につけていきます。クレヨン、はさみなどの道具の使い方から始まり、使いこなすようになることで集中力、持続力を高めることができ平均台や大型の器具などで遊びながら運動面の発達を促していきます。音楽を摂り入れたり、教材を使ったプレイカードで知能、判断力などを伸ばし、おままごとでは社会を類似体験できる遊びとして社会のルールなども少しずつ学んでいきます。

 

対象年齢2歳~3歳/週1回60分

 

自分のことを自分でできる喜びがでてくる時期となり、考えることが楽しくなり知的能力がぐんぐん伸びていきます。子ども自身が考え行動する力をつけられるように促し教育していくようになっていきます。しかしまだ自己出張する子が多いのは当たり前でもありそれを上手くほめ、注意しお友達とのコミニケーションや約束ごとなど守れるようにもしていき自分をコントロール力も育てていきます。

 

運動と落ち着いて思考力を発揮するデスクワークを交互に行っていきます。積み木での立体構成や形や数について考えられる教材を使い理解を深めていきます。そして大型運動器具を用いての運動・リトミックなども毎回取り入れているようです。お友達の前で発表したりクイズをだしたりする場を用意し人前力を養うことにも力を入れているところもあり、幼稚園で順応できるよう教育していきます。

 

対象年齢3歳~5歳/週1回70分又は80分授業

 

この時期になると早い子では3歳に入園する子どもがいたり小学校受験を考える家庭もでてきます。そして幼児期から脱出して少年少女といった時期へと移行することがみられます。お友達とも仲良く遊ぶこともでき協力して何かを達成する喜びや、競争したときに負けたときの悔しい気持ちなど感性豊かともなる年齢でもあります。小学校入学前の準備時期でもあり更に考える力をつけ自信をもたせてあげることが大切でもあるようです。

 

幾何学のセンスや構成力を身につけるプレイボードや、立体構成力を高めるデザインパネルなどの教材を使ったりプリント教材なども増えていきます。推理力、知覚力、表現力、伝達力などを伸ばしていき、体を動かすリズム、マット運動、器具を使い、心身共に鍛え育む教育となります。小学校就学前となると受験コースと一般コースと分けられるところもあり、教室によっては取り組みかたが違ってくるようです。

社会に貢献できる人間形成の土台

 

近年では幼児英語教室であったり、情操教育、知能開発などとした知育教育であったり、幼稚園、小学校受験の幼児教室であったりと様々な目的によって教育が行われているところでもあるようです。しかしながら一貫して言えることは勉強だけではなく将来、社会において立派な大人となるための教育でもあるようです。社会性、コミニケーション力、自立心、思いやりなども兼ね備えた人となるための人間形成の土台づくりとなるところでもあるようです。