子供の教育費の貯金は毎月いくらが目安?

子供の高校・大学などの進学を将来的に考えると不安要素になるのがお金の話になります。貯金はしなければいけないと早い段階で準備を進める親御さんは多いのですが、今一毎月いくらが預金をする目安になっているのか?分からない方って結構いると思います。ママ友同士でもグループによってはマネーのお話はご法度になっているケースもありますので、気軽に他人の家計事情に踏み込めないと悩まされている主婦・サラリーマンもゴロゴロいると推測することができます。

 

また・・・公立VS私立のどちらかのルートを選ぶかで1年間に掛かる総費用も異なりますので、その辺りについても入念に考慮するべきです。さらには大学か専門学校か、理系か文系か?など様々なパターンがある。例えば私立大学の医学部の場合ですと6年間で平均2000万円以上必要というデータがあるなど子供が急に目標進路を変更すると大変な事態に親は遭遇することになるでしょう。

 

しかし、そうは言っても子供の好きな通りの道を歩ませたいと考えるのが親心になります。

 

一般的に700~1200万円必要と言われている子供の教育費ですが、決して一概ではないので注意が必要になります。

 

 

進路パターンごとに必要となる教育費を分析リサーチ

 

”親の資金力で子供の将来は変わる”最近よく聞く言葉ですが、実際にこれは統計的に当てはまるケースが多いみたいです。東大を筆頭に名門国立大学に進学している学生の親の収入は通常平均と比べて高い水準にある傾向があります。予想することができる理由としては教育費にどれくらい注ぎ込むことができているか?ということだと思います。貧乏の家庭で育った方でも努力で登りつめることは過去の例を見ても十分に可能ですが、やはり効率性を考えると家庭教師や学習塾、生まれたばかりから幼児教室などを利用することで一歩、二歩リードされることはよくある話です。

 

さて、これから教育費を毎月いくらか貯金をしたいと考えている方のために目安になる金額を掲載したいと思います。ちなみにいつから子供預金するべきか?という点ですが、一般的な収入の家庭であれば少しでも早く開始するべきです。富裕層の場合においてもいつどうなるか?分からないのが人生になりますので、準備はしておくべきでしょう。

 

全て公立進学のパターン:700~800万円

 

義務教育まで公立、高校・大学は私立パターン:1000~1200万円程度

 

お金の掛かる部活動や大学受験対策で優秀な講師の授業を受けるなど特別のケースはこれより当然お金が掛かりますし、これはあくまで例になりますので、参考に留めてくださいませ。

 

毎月どのくらいお金を貯めるべきか?という点については逆算すると早いと思います。

 

年収1000万円の夫を持つ妻でも苦労の連続!?

 

教育費のシュミレーションをすると年収1000万円以上~1500万円くらいまでの所得を得ている世間一般で言うエリートサラリーマンにおいても苦労をする場合が多いと言われています。

 

特にそれは地方より都心在中で強い傾向が見られるのが印象的です。何となくゆとりのある生活を送ることができるようなイメージがあるのですが、なぜ子育て料金で困るシュチエーションが多いのか?ちょっと分析してみることにしました。

 

その理由は固定費にお金を掛けている例が多いからです。独身時代からある程度の稼ぎがある場合ですと子供に掛かるお金や老後の資金についてそれほど深く考えない場合があると言われています。ですので、家賃20万円以上のマンションに住んでたり、ウォーターサーバー、家具などに必要以上にお金を掛ける傾向があるみたいです。また、食費・交際費も気にすることなく使い放題という場合も多く、高収入にも関わらず全く貯金なしという方が増えているみたいです。極め付けは趣味の外車、毎月保険料は発生するし、都心であれば駐車場料金で月に3万円以上はザラにありますので、トータル的に考えるとかなりお金を放出していることになります。

 

当然、ママ友同士の格付けで負けたくないとセレブマダムを気取るためにブランド品の購入や高級エステ、無駄なランチなどで結構きついみたいです。

 

さらにそういった所得が高い家庭の場合ですと幼児からインターナショナルスクール、私立に小学校から子供を通わせる傾向があるので、意外と苦労の連続なのだとか。年収3000万円以上になると大概は余裕で暮らせるのですが、年収1000万円~1500万円くらいの場合ですとセレブか庶民か?の境目になりますので、セレブを選択するととんでもないことになる可能性があります。