6歳~小学校入学前の勉強・教育

一昔前までは学校で1年生にはひらがなの読み書きも丁寧に教えてくれた時期もありましたが、現在では最初のうちでは簡単に基本的な五十音を教えてくれるものたいていの子は身についていることから、早い段階で次の学習となるところがほとんどでもあるようです。

 

しかし最低でも自分の名前の読み書きができれば良いという考えの親御さんもなかにはおり、黒板の字を読むことができない、連絡帳の書き取りができないという子どももまれに見られるようです。そして数を数えることができずにつまずく子も見られるようです。ですので6歳まで又は入学前の準備として勉強し最低限の知識を身につける必要でもあるようです。

 

国語の基本知識は入学前に修得する

 

現在の1年生では入学して4月~6月にかけて鉛筆の持ち方や書き方、ひらがなの学習をしますが、5月にはもう連絡帳への書き写しが始まり音読などの宿題も出るようになってきます。そして夏休みには絵日記の宿題もありますので文章を書く能力も必要となってくるようです。夏休み明けぐらいからカタカナ、漢字なども始まり10月には文章読解が入ってくるようになりここで理解できる子とそうでない子と分かれてしまうことも見られるようです。

 

そのためひらがなの読み書きはもちろん、カタカナの読み書きができると学校での授業にスムーズについていくことができ理解して勉強することができるようです。それではどうすれば入学前に身につくことができるようになるか気にもなりますよね。ここでは子育てに一段落したママさんの口コミ情報などによって様々な取り組みを紹介したいと思います

 

  • 絵本を与える!小さい頃から読み聞かせをし自分から文字に興味を示しだしたときがチャンスと考える。
  • ひらがなやカタカナの玩具(積み木、ブロック)などで遊びながら自然に覚えていった。
  • 音楽やリズムを使って文字への興味を促した。
  • 通信教育で成長段階にあった教材で少しづつ身につけた。
  • 幼稚園の周りのお友達とのお手紙交換により自主的に覚えようとした。

 

授業でつまずかないための最低限の算数の基礎知識

 

文部科学省では小学校での算数の目的として数量や図形についての基礎的、基本的な知識及び技能を身につけ、日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え表現する能力を育てるとともに算数の楽しさや数理的な処理のよさに気づき進んで学習に取り組む態度を育てるとしています。1年間の算数活動はこの様になっています。

 

  1. 具体物を数える活動
  2. 計算の意味や仕方を表す
  3. 形を見つけたり、作ったりする
  4. 場面を式に表す

 

1年生の始めでは数字の練習、数の数え方など数字の書き方と数の意味を理解することから始めとしますが、現在では就学前にはほとんどの子が理解できている子どもが多いとも言われています。ですので最低でも100までの数えとつながりを理解し数字を書けるようにすることで、授業に遅れることなくついていくことができるようです。幼い頃の幼児教育において早い子では足し算、引き算もマスターしている子も多く、繰り上げや繰り下げの計算ができる子も珍しくはないようです。それでは幼い頃の取り組みとしてどうすれば良いのか検証してみました。

 

日常生活の中には遊びから学ぶことがたくさんあり、数字は身の回りに多く存在しています。昔では家族の団らんのなかではトランプやオセロ、回り将棋など数えたり、引いたり、数列を理解したりと学習することができます。そしておやつのお菓子を数えたり、分けたり、等分にしたり比べたりとすることでも算数の基礎を自然に身に付くこともできます。数字を書くようにすることも重要としますが、それは子どもの興味を引き出すようにすることで楽しく取り組む姿が見られるようになるようです。砂場で棒か何かで遊びながら覚えることもできドリルなど用意しゲーム感覚で数字が書けるようになることも可能となります。

 

家庭での学べる環境と補足としての重要性

 

一貫して言えるのが家庭環境において好奇心を引き出す取り組みをし、興味をしめしたときには学ぶ機会を与えてあげていることが言えるようです。その他には幼児教室に通い一つ先、二つ先進んだ学習をしている子どもも見られるようです。そして最も多いのが通信教育において学ぶための補足として利用する人が多いようです。価格もリーズナブルとなっており年齢、成長に合わせての毎月違った教材が送られてきますので子どもも楽しみながら取り組むことができるようです。現在の親世代の方も自身が子どもの頃学んだという人も多いのではないでしょうか。

 

小学校就学前の勉強として国語や算数といった教科があげられますが、他には情操教育を育むことも必要となります。勉強だけできれば学校生活をスムーズに送れるということではなく社会性やコミニケーション、自主性、協調性なども大切となりますのでそれは家庭環境において養うことも可能となります。子どもの意見や考えを尊重しやる気を促す親の姿勢も大事でもあり、愛情をもって育てることで勉強も学校生活でも有意義に送ることができると言っても良いようです。


6歳~小学校入学前の勉強記事一覧

最近よく耳にするプログラミングは今後義務教育の必須科目となる可能性が高くなり、ITやデータを活用して新たなイノベーションを生み出すための教養、技能でもあります。そして当たり前のスキルの一つとなることが国内でも近くなることが考えられるようです。諸外国では小学校での必須科目として授業が行われているところも増えつつあるようです。日本では親が子供に習わせたいことの一つとして近年ではプログラミング教室が7位...

子どもを持つ親では東大生が幼い頃に何の習い事をしていたのか、何のスポーツをしていたのか興味があるのではないでしょうか。東大ブランドは誰もが羨ましく思い、我が子にもとぜひ手にしたいと思う人もいるのではないでしょうか。しかし日本最大の難関とも言われ毎年60万人の受験者数の中合格できるのが、約3,000人となりますのでかなりの狭き門でどれだけ難しいか納得することができます。東京大学新聞で現役の東大生に子...

共働き世帯が多い近年では子どもがまだ乳幼児の頃から預けて働くといったスタイルは現在では珍しくもなく一般的でもあります。しかし最近聞かれるようになった認可保育所と認証保育所ではどう違うのか知らない人も多く見られるようです。ここではその決定的の違いを紹介し今後の参考となるよう比較してみました。国基準の認可保育所児童福祉法に基づく施設で国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士などの職員数、給食設備、防災管...

子どもを保育園に預ける際に知っておきたいことはその施設が無認可としてか又は認可であるかをしっかりと把握しておくことが大切でもあるようです。どこも同じだと安易に考えていると後々後悔することも考えられるようです。それでは無認可保育園とは何?新米ママさんではまだ知らない人もいるかと思いますので、紹介したいと思います。無認可保育所とは言葉通り、国や都道府県に認可されていない保育施設となり公的援助を受けてい...

子どもの可能性を引き出したい!才能を伸ばしたい!という思いから幼児教室に通わせる家庭も増えているようです。受験目的だけではなく、0歳からの知育によって知能を伸ばしたいと考える人も多く親子と一緒に参加する光景も見られます。そして幼児教室においても様々なジャンルがあり、英語であったり音楽、ピアノ、体操、リトミックなどがあり、どれにすれば良いか迷うママさんもいることでしょう。ここでは幼児教室の選び方・決...