プログラミング教室※子供向けサービスでおすすめはココ!

最近よく耳にするプログラミングは今後義務教育の必須科目となる可能性が高くなり、ITやデータを活用して新たなイノベーションを生み出すための教養、技能でもあります。そして当たり前のスキルの一つとなることが国内でも近くなることが考えられるようです。諸外国では小学校での必須科目として授業が行われているところも増えつつあるようです。

 

日本では親が子供に習わせたいことの一つとして近年ではプログラミング教室が7位にランクインしたということから子育て中の親御さんでは注目している習い事となっているようです。ものづくりに欠かせなくなっているITは、今では身近なものでもあり一部でもあるようです。そのため未来のクリエイターや情報社会で生き抜くための力を育むための、プログラミング教室の子ども向けサービスが増えてきているようです。ここでは口コミ評判を交え今人気のある教室をピックアップしてみました。

 

IT企業が手掛けるプログラミング教育

 

サイバーエージェントが運営するスクールは本格的なプログラミング教育を提供し、自らのアイデアを実現する力を身につける教室となっています。未来のクリエイターを育てる、この職業の魅力を知ってもらうなどを目的として、小学校1年生~6年生の子ども向け対象とし初心者から上級者までしっかりと学べるカリキュラムとなっているようです。

 

4つのコースがありその中で計画・段取りする思考力、創り出す技術力、伝える発信力を養っていくことが期待できるようです。必要な概念や考え方をアプリやゲーム開発を通して身につけ基礎知識、プログラムの組み立て方をゼロから学んでいくことで最終的に自分のオリジナル作品を開発することを目指していくようです。

 

小学生向けに特化した日本最大のプログラミングスクールでもあり、高い技術力とコミニケーション能力が備わったエンター(講師)が3人又は2.5人についてサポートしてくれます。そして最も生徒数が多い教室でもあり高評価となっているところでもあるようです。

 

毎週クラスと隔週クラスとがあり入会金なしでコースによって料金は異なりますが、月謝を授業時数で換算すると1時間の授業料が2,500円~3,000円となっており120分×2回又は4回となります。少々高くもありますが将来的にその道に進みたいと考えているのであればおすすめなところでもあります。

 

日本初の寺子屋方式の教室

 

子どもたちにつくる力と発表する力を身につけることを目的とし、情報化時代から子どもを守り育てその後世界に送り出すことを使命としています。江戸時代の寺子屋のように年齢やスキルが様々な子供が集まり学習していきます。色々な個性、発達段階でもあってもお互いを尊重し合いながら各自の学習を進めていくといったスタイルとなっています。そしてここでは5つの能力を育むことができる教室となっているようです。

  1. 自分のアイデアをかたちにすることで学ぶ楽しさを知る
  2. 日本だけで終わらない技術を学ぶことで世界に通用するスキルの習得
  3. 論理の組み立てと思考課程は数学由来のものとし、一般の学習では養うことができない数学的思考力が身につく
  4. つくって発表することでプレゼン能力がつく
  5. 人に見てもらうためのコンテンツ作成には作文能力も必要とし、伝わる日本語の学習となる

週1回90分~105分の授業となり原則として月4回の受講となります。小学生から中学生を対象としており、入会金がありますがお手軽な金額となっていますし月謝もリーズナブルな価格となっていますので人気でもあるようです。

 

他には春休み、夏休みなど利用した体験や、ゲームクリエイターコースやデジタル絵本コースなど7日間のレッスンで日にちが指定されているところもあります。入会金や受講料、教材費込で約40,000円となっており、かなり高く感じてしまうようですがその経験は子どもたちにとっては未知なる世界への入り口でもあり将来においても役にたつレッスンでもあるようです。


【幼児/小学生】プログラミング教室ランキング関連ページ

東大生に聞いた!子供時代の習い事・スポーツは何?