2歳~3歳の勉強・幼児教室おすすめ特集

幼稚園入園前までに知育・幼児教育されたい方は必見のページになります。主に2歳~3歳の幼児教室おすすめ特集を掲載していますので、子供の学習・勉強を早期的に視野に入れているママさん、パパさんは必見であると言えるのではないでしょうか?三つ子の魂百までと言われている通り、三歳までの知育が非常に大切であることは周知の通りであると思います。それでは早速になりますが解説に参りたいと思います。本、アプリ、ドリル、プリント、手作りだけでは物足りないという方についても必見です!

 

2歳の知育・幼児教育について

 

出遅れてしまった方はここまでに何とか入会しておきたいところではありますね。3歳までの親子教室であればベビーパークの存在は欠かせないと言えるでしょう。ココでもベビーパークの例を挙げて行きたいと思います。

 

Dクラス(1歳11ヶ月~2歳5ヶ月)

 

同学年と言っても生まれたのが2~3ヵ月遅いだけで発育は異なるものです。幼児教室の多くは学年ではなく、生まれた歳月によってクラス・コース分けれされているタイプになりますので、その点レベルについていけるか?が不安な母・父親も安心して任せやすいタイプになっていると思われます。2歳の幼児教室では0歳~1歳の知育と比較すると主に下記のレッスンが追加されているのが印象的ではあります。

 

  • インタビュー
  • 俳句
  • 空間認識

 

2歳から英語等の語学力向上を目指したい方の為のコースなどもありますので、覚えておくといいかもしれないですね。これまでは五感や直感を活かしたトレーニングが多かったのが印象的ではありますが、ココからは”考える”ことを大切にしているのが印象的です。例えば簡単な質問されて答えるレッスンの場合ですと返答するためには考えて言葉に発することが重要になります。さらには遊びの中で自然に将来数学を理解しやすくなると言われている空間認識についても実に興味深いですね。運動神経の発達と共に体性感覚野を刺激することが年齢的に重要になりますので、抑えておきたいところではありますね。

 

単に「おもちゃ」で遊ぶだけではなく、考えて作成されたカリキュラムで知育を受けることができるのは大きいですね。

 

3歳の知育・幼児教室について

 

先ほどはベビーパークで解説しましたので、続いては小学館が運営するドラキッズの2~3歳児総合教育コースいちごクラスについて解説していきたいと思います。ちなみに3歳から英語教室に子供を通わせたいと考えているのであればイーコラボが英会話を筆頭に語学系では人気を集めていますので、覚えておいてくださいませ。

 

この年齢の子供は幼児教育の実質的なラストスパートを言われることも多いくらい重要な時期になります。ドラキッズにおいては主に下記の取り組みを積極的にされています。

 

①ことば・もじ
②かず・かたち
③造形
④おんがく
⑤こころ育て(EQ)

 

その他についても育脳をするだけではなく、親子で一緒に運動したり、親子の絆を深めることに繋がるEQの向上についても力を入れているのがポイントになります。いかに頭脳明晰になっても社会性が無いと保育園、幼稚園入園後に苦労することになりますからね。返事など礼儀も学ぶことができたり、他の子どもと関わることで友達作りなどをこの時期から学ぶことができるのは嬉しいですね。

 

続いて例に挙げるのは「先生がよい幼児教室」部門で顧客満足度第1位の「ミキハウス」の2~3歳の「のびのびクラス」について解説しますね。3歳までの知育は非常に重要になりますので、複数の例で分析しています。

 

①コミュニーケーション能力
②考える力
③自立する力

 

主に上記を育成することを目的にされています。話す力、聴く力、記憶力、想像力、自主性、協調性などは3歳までにシッカリ身に着けておかないと後々大変と言われている分野になりますので、そこを学ぶ・勉強出来るのは親御さんにとっては嬉しいですね。ちなみにキッズバルと英会話くらぶに分かれていますので、教育方針に合ったコースを選択するとより効率的な時間を過ごすことができるはずです。主なカリキュラムとしては粘土あそび、ウォッシャブルブック、空間知覚、手先指先あそびなど楽しみながらを大切にしているのがミキハウス幼児教室の特徴ですね。

 

幼稚園入園前の勉強・学習

 

月謝を払って幼児教室に親子で一緒に通うのが理想的ではありますが、共働きでそのような時間を作ることが難しい方もいると思います。そのような方は自宅で勉強・学習を通じて知育するのも1つの手ではあります。しかし、ベビーパークのように入会した幼児が次々と驚異的なIQ数値を叩きだしているのを見るとちょっと他の自分の子供が他の子に遅れを取るのはちょっと怖いですね。どのような雰囲気で実施されているのか?体験申込・資料請求をされてみるのも良いと思います。「これ絶対やるべき!」と思えば何とか時間を作る努力をすることができるかもしれないですからね。これは英語教室でも知育教育でも同様であると思います。