キッズアカデミーは小学校受験対策に強い?

知識ではなく知能教育を目的としたキッズアカデミーは、小学校受験に対応している?我が子の将来について考えるママさんのなかには、幼稚園や小学校受験を見据えた早期教育に取り組む家庭が増えています。そして少子化が進むなか学校区の公立小学校ではなく、県内または県外の国私立小へ通学しているお子さんが年々増加しているのも現状です。

 

そこで幼児教室として人気のキッズアカデミーは、小学受験対策に強いのか気になるところでもあります。ここでは特徴や入会するメリットなどまとめていますので、お子さんの志望校合格を目指すための参考としてご覧下さいね!

 

 

小学校入試の傾向

 

  1. 行動観察(集団テスト・個別テスト)を重視
  2. ペーパーによる読解力、思考力、表現力
  3. 運動テスト
  4. 親子面接

 

ペーパーテストを実施していない小学校もあり、多くの国私立小ではお友達と集団での行動が重視され、協調性や積極性、先生の話をしっかりと聞けるかなど採点されます。特に積み木やボール遊びなど採用されているケースが多いようです。

 

また個別は集団テストとは違い、その子の個性や特性を見極め、1対1で行われる対話式の口頭試問を実施しているところもあります。そして運動テストはスキップやかけっこ、マット等の基本的動作により、適正な運動能力や即応力、表現力などが求められます。

 

そこで昨今の小学校入試は、知識の詰め込みだけでは合格するには難しく、子どもらしいバランスの取れたお子さんが求められているようです。そのため日頃の生活環境や体験も大事で、心、体を豊かに育む幼児教室で受験対策する家庭が増えています。

 

キッズアカデミーで受験対策のメリット

 

  • 3歳から入会、8歳まで対象
  • 知的能力の向上を実現するオリジナル教材とレッスン
  • 知能指数(IQ)向上の実績は定評
  • 受容的思考力・集中的思考力を養う

 

知能IQを高めることをコンセプトにしているキッズアカデミーは、小学受験コースはありませんが、合格するための能力を育むことができる幼児教室となります。文字や漢字、計算の勉強ではなく、知的好奇心を刺激し、想像力、発想力を引き出し感性を豊かにします。さらに思考力が養われ考えるチカラを身につけることができ、記憶力についても

 

合格するための必要なチカラを遊び感覚で楽しみながら養うことができ、知能教育の重要性を実感することができます。そこでキッズアカデミーは果たして小学受験対策に最適な幼児教室であるのか?入試に特化しているわけではありませんが、実際に入会したお子さんが合格している実績もあり、受験に課せられる試験内容に順応できるプログラムとなっていますので十分適応していると考えられます。

 

そしてここでの学びは決して無駄になることはなく、知識詰め込みの学習塾に比較してもバランス良く養える幼児教室での受験対策は今人気が高まっているようです。ちなみに運動テストにおける対策はキッズアカデミーではできませんが、友達との外遊びや公園の遊具など普段の生活のなかで対策することができます。

 

キッズアカデミーに通うお子さんの平均IQは、なんと150以上!三つ子の魂百までということわざは良く聞かれますが、3歳からの教育もまた大事であることは言うまでもありません。そこで積極的に良い教育を提供してあげるのも親御さんの役目でもあり、育んだ能力は受験だけでなく、大人になっても役立ち大きな財産となることが考えられます。

 

小学受験対策≪キッズアカデミー≫の特徴

 

  • Cクラス:5歳~6歳 ゲームがわかるこの時期に、ルール、社会性や先を見通す力を身につける。
  • Sクラス:6歳~7歳 基本的な人間の構造や法則が分かり始めたこの時期に、少し発展した教材でより複雑な構造を理解させる。
  • どのクラスも定員は4名、50分×年間42回のレッスン

 

2歳~3歳のDクラスを始め5つのコースを用意しているキッズアカデミーは、図形、記号、概念の3つを軸に、それぞれの年齢に合わせた教材、カリキュラムを用意しています。小学受験を考えているなら早い時期からのスタートがおすすめですが、Cクラスから2年間のレッスンでも合格するためのチカラは身につくことが考えられます。

 

公式サイト

 

キッズアカデミー